無料でいいのか疑いたくなるオーダーツール


実際の取引画面上だとこんな状態で表示させてたりしてます。

背景にMT4のチャート画面を出しといて、口座の情報等は左に表示させたツールに依存で。

国内業者の発注ツール画面的な感じで使いやすく、相当高性能だと思う。


たぶん、1本1,000円で1年間の使用期限付きとかで販売してもらっても全然OKだと思う。利用者が1万人でもいれば、年間1,000万の販売利益になるから製作者さんも報われるはず。

というか、こんだけの技術があればそっちだけで全然食っていけると思うけど。


ダウンロードは製作者様のところから


導入方法については、ファイルの中に解説が有るのでそのとおりにやるとわかるかと。
このツールは、EA扱いなので、自動売買ONで使えうようになる代物です。

自分が使ってる時の設定などなど


とりあえず、これがメイン画面の状態で、
直感的にわかりやすいから解説要らずだと思うけども、
上から、MT4の選択画面。起動中のがズラッと出てくるので、トレード業者を選択。
次に、赤・青の枠の中にレートが表示され、ワンクリックでオーダー可能。
その間に、「両建て」「指値」「逆指値」を使用可能。
指値にだけチェックを入れているので、オーダー後5Pipsで利確という事で。
その下、緑のSPが現在のスプレッドを表示。さらにその下全決済で一括決済可能。
ポジションを持っている最中は、ロット、レート、損益もタイムリーに変動表示。

黄色いマーカーを入れたところから下が設定変更画面で、
Lot数ボタンは任意の設定に変更してあり、ワンクリックで指定分ロット増減可能。
その下左側、「2.8」と入ってるところがオーダーロット数で、画面だと28万通貨。
右側に取引可能数量が出てるけども、これは残高に応じた最大ロット数で、
現実的に考えてこのロットでエントリーすると即死すると思うので、それはなしで。
※残高28万円で、120万通貨ポジれってるよってことなので、20Pips逆行でOUT。

更にその下、黄色いマーカーのところをチェック入れて5Pipsにしてるのは、
エントリー後5Pipsで利確の意味。
ここは1つ注意点が有って、業者によっては指値の幅が決められてるので、弾かれる事ありです。ちなみにLAND FXだと3Pipsとかでも通ったので、狭い利確もやりやすい。
以下は口座残高等々の情報で。

あと、メイン画面の右上歯車からオプションに入れて、以下の設定という例↓

初期設定変更みたいなものなので、指値5Pipsと、表示項目の設定変更くらいかと。


こっちはショートカット画面の設定で、表示ペアの設定一覧。
ドル円と、ゴールド、シルバー、ポンド円を表示してるんでその設定。
ロット数の増減は、+側だけを設定して、1万通貨増加~20万通貨増加まで。
これは使いやすい任意の数字を入れてやるといいと思う。

まとめ

結局、使い方解説とかは、ググってもらうと相当詳しく書いてる所あるし、そもそもダウンロードしたらファイルの中に解説書が含まれてるんで、詳しくをそっちを見てもらったらいいと思うとして、あくまであたしが使ってるときの設定を書いてみたっていう話でした。