運用を始めるのに必要な資金は?

いや、それはもう、準備できるのであれば際限なくあればそれに越したことはない。

100万円あれば100万。1,000万円あれば1,000万。1億あれば1億でも。

ただ、1億を現金で持ってる人が、そこから運用する必要ある?

っていう庶民感覚ベースだと疑問に感じることも有るので、そのステージの話は棚上げ。

ひとまず、誰にでも用意できる資金で立ち回りを始め、それなりの額に増やし、以降はそれなりの額をベースに僅かな値幅を取る作業で、断続的に利益を出していけたらという事で。


初期資金が5万円だったら?


おなじみ、FX複利運用計算シュミレータで検証。

初期資金5万なのに、10万円からなのは、単に入金100%ボーナスを考慮しての設定。

なので、総額10万円からスタートで、ポジションの量についてはレバレッジ100倍計算。

海外FXだと、レバレッジ400倍、500倍、888倍、1000倍などなど、かなりのハイレバにはなっているんだけども、実際にフルレバ使うようなポジションを持つと、一瞬の逆行で即退場になるので、そんな無謀な計算をしない前提で。

なので、レバレッジを100倍の前提にしてあり、要は10万円で10万通貨をポジるような、設定になっていて、100Pips逆行に耐えきれるくらいの余裕ある設定で。とは言え、100Pipsの逆行を許してゼロカットされるのを待つのはありえないけども。

さておき、5万円からスタートしても、20回のトレード後には23万円ほどに増える。

これは1回5Pipsを取った場合。

うち5万円分はボーナスで、実質の現金部分は18万円なので13万円ほど増える計算に。

この13万円をすんなり使ってしまうのはもったいなくて、初期資金含め18万円で再入金すると、次は36万円相当からのスタートとなり、資金が増えかなり楽な状態からのトレードを再開できるわけですよ・・・。

これでも、そのへんにいる人達がどうにかこうにか準備できる5万円からの話。


初期資金が10万だったら?


それなりに数字に明るければ気がつくと思うけども、5万円から始めた場合の前倒しになるような話。つまりは初期資金は大きければ大きいほど楽になるという事で。

同じく10万円の入金で、100%ボーナスの10万円が付けば実質20万円相当から。

20日後には47万円程度になるので、27万円の利益が出せる計算に。


初期資金は時間との兼ね合い?

つまるところ、複利での継続的な運用ができるのであれば、初期資金は低くてもどうにかなる。なるんだけども、極端な話10,000円とかからだとまとまった資金になるまでに時間を要するので、普通に働いて、多少なりともお金を稼いでいる人であれば準備できる、5万円とか10万円での計算例にしてみたわけです。

んで、ここは結局時間との兼ね合いみたいなことも有って、じっくり腰を据えての立ち回りができるような状態であれば、初期資金5万円とかでも、時間をかけての運用で増やせていけるかと。


計算上際限なく増える?

結局の所、計算だけであれば損失が出ることを考慮していないので、際限なく増やせる事に。実際にそんな事ができたら、世の中の人たちは全員が億万長者で、何だったら国家を上げてそんな運用をして、税金0、社会福祉に掛かるお金も0、学費なんかも0。っていう国家すら誕生しかねない話www
でも、実際にそうなってないのは、どういうわけかこれが成立しないから。

成立しない理由の主なところは、損失が出る、損失を出しすぎてゼロカットされる、同じことをひたすら繰り返すのが難しい、手法に再現性がなく使えなくなるタイミングが来る、などなどと言ったところが主な理由かと。

それぞれ分析して対策取ればいいだけのことなんだけども、どういうわけか出来ないので損失出して退場していく人があとを絶たない。
例に出したところでも、
・損失を出す→そもそも当たり前のことなので、損切りルールの設定と徹底した実行
・ゼロカットされる→残高に対してのポジション量を持ちすぎてないか?
・繰り返しが難しい→たぶん人間性とか忍耐力とかの問題?
・再現性の問題→未来永劫使える手は無いので、都度改良変更は必須かと

結局の所、1つのやり方で未来永劫使える聖杯は無いんだから、それを割り切った上で望むと結果が出やすいんじゃないかと思う。なので、もちろん都度対応していく必要性が出るのは必須だし、「何が問題なのか?」を常に考えて対応していかないと駄目だと思う。

そもそも際限なく増やす必要は無い?

いざ、運用計算を入れていくと、際限なく増やすことを考えたりしそうだけども、ひとまず冷静になって考えていただくと、それは無理なわけで、だとしたらそれに尽力する必要は無い。
ということで、目指すべき目標を低くして、低い目標を達成できたとき、現実がどうなるのか?を考察してみると、一気にハードルが低くなり、ゴールが近くなるかと。

例えば、初期資金10万円で初めて、20日後に47万円になり、出金後に再入金してを繰り返し、どうにかこうにか100万円の残高が出来上がった場合。
100万を元手に、100万通貨のエントリーであれば、5Pipsで5万円の利益が出ることに。
それが20日でも続こうものなら、月収100万円なんていう、一般庶民からしたらありえないような数字が叩き出されるわけだけども、やっぱりそれが難しくて達成できないもんだから、そんな高望みもせずに、月に10Pips取ったならば?
それでも、月額10万円。
月利にしたら10%でも、10万円の利益。
これはつまり、時給1,000円の人が1日5時間、20日アルバイトしての稼ぎと同等。

FX=ギャンブルみたいに捉えられる事例が圧倒的に多いものだから、こういう現実的な路線での計算が行われにくいし、こういう目線で見る人が少ないと思うのだけども、月に10Pipsなんて、1日0.5Pipsでも成立するような話で、それで10万円でも稼ぎ出せるのであれば、一攫千金を狙わず、この低い目標を淡々とクリアしていくほうがよほど楽だと思う。


まとめ

そもそも、ここまでの話が取らぬ狸の皮算用で現実味の無い話だとしたらそれまで。
ただ、認識しておきたいのは、ガンガン増やして一攫千金を狙うようなことをせず、それなりに増えた資金で、ちょいちょい取ってるだけでも、実はそれなりに稼げる余地が有るっていう事で。