はじめに

株とか為替のトレーダー=複数枚のモニター並べてやってるっていうイメージが先行しそうだけども、実際はそこまでは必要ないっていう感じなので、それをベースにした話。

後述するトレードの方法によるんだけども、書いていくやり方であれば、モニターは1面あれば十分だったりもするので、そんなところで。


どんなスペックが必要か?

トレードにはMT4を使う前提なので、それが動く程度のパソコンであればOK。
今一度、MT4の推奨スペックを調べてみると・・・

CPU:デュアルコア以上で、2.0Ghz
メモリ:2GB

とからしい。
かいつまんで解説するならば、そこらにある中古パソコンで全般行ける感じ。
というのも、MT4自体が結構古いソフトで有って、当時はそんなに高性能なパソコンもなかったので、2021年な現代だと、法人使用払い下げとかでよく出てる業務用パソコンとかで全然OKだと思う。
ただ、単純に他の作業をするとなたときに、このせいだと心もとないので、そんな前提があるのであれば、も少しいい感じのパソコンを買ってもいいかと。


どこで買うのか?

そもそも、パソコン持ってたら全然それでいいと思う。持ってなかったら新たに買う必要があるんだけども、基本中古品でどうにでもなるので、そんなのでいいかと。
手持ちのオススメ購入先↓

送料無料でデスクトップパソコンが出てていずれもジャンク扱い。
過去に購入したことあるけども、HDDほかストレージを取り付ければ使えること多々。
プロダクトキー付きデバイスもあるので、Windows10も使える可能性あり。
多少でもいじれる人にはいいかもしれない。

送料無料でデスクトップパソコンが出てること多々。
状態は千差万別なんだけども、やっぱりストレージを付けると使用可能気味。

電脳売王っていう中古のパソコン関係販売サイト。
訳ありなモニター類がよく出てて、24インチで5,000円くらい。
ワンサイズ小さい22インチなら2,000円以下もあるので、2個買ってデュアルモニター化も安価に可能。

その他、細々したケーブル類とか、キーボード・マウスなんかは、同じくヤフオク等々で中古品も探せるし、キーマウはアマゾンで新品買っても2,000円くらいからで。



過去に実践でいくら掛かるのかやったことがあるけども、やっぱり1万円くらいでもサクサク動いてくれるような環境が構築可能。ストレージをSSDにすればなおさら良くて、昨今120GBくらいなら2,500円くらいからあるんで、これにWindows入れてやるといい。

・パソコン本体 5,000円
・ストレージ 2,500円(付属してたら0円)
・キーマウ 2,000円
・モニター 5,000円

といった感じで、合計目安12,000円~15,000円程度で。


シメ

FX用ってことでも無いけども、安価に使えるパソコンの購入先ってことで書いてみましたとさ。もちろん、このスペックはあくまで一般用途なので、ネットを見るとか、You Tubeで動画を見るとか、オフィスソフトを使うとか、そのくらいのことなら問題ないと思う。
逆に、ゲームやるとかってなると、基本OUT。まぁ、そんな用途に使うとは思わないけど。